Ubuntu 20.04 LTSの自宅サーバーを建てた時のメモ

Ubuntu 20.04 LTS の自宅サーバー(自作 PC)を建てたのでメモ…(書き途中)
何やったか忘れそうになるのでメモ書き(あまり参考にはならないと思います)
あまり知識もないのと殴り書きなので正確性を欠いている可能性があります。ご注意ください。

Ubuntu のインストール

ISO イメージをダウンロード

Ubuntu 公式 から Ubuntu 20.04 LTS Desktop の ISO ファイルをダウンロードします(約 2.5GB・回線にもよるけどそれなりの時間がかかる)。
サーバー用途ですが Ubuntu Server はデフォルトで GUI 環境が入ってないくらいの差らしいこと、デスクトップ版の方がインストールしやすそうなことからこの記事では Ubuntu Desktop をインストールします。

サーバー用は GUI 環境がないほうがいいという話もありますが、そこまで低スペックなマシンでもない(Core i5-9400 RAM8GB)ので心配なさそう

ISO イメージを USB メモリに焼く

ISO イメージをダウンロードしただけでは当然 SSD にインストールできないので、4GB 以上ある USB メモリに Ubuntu の ISO イメージを書き込み、ブータブル USB メモリにします(焼くとも)
これを Ubuntu をインストールしたい PC に差すと USB 版 Ubuntu が起動します。

USB メモリに焼くソフトは rufus がおすすめです。高速でかつかなりブータブル USB メモリを簡単に作成できます。
UNetbootin とかもありますが、rufus の方がよきに計らってくれるし簡単なので使う理由はないです…

CD に焼くこともできるけど CD-R がもったいないし面倒だしメイン PC に CD/DVD ドライブがついてないので…
「このイメージは Syslinux 6.03/(日付) を使用しますが〜」といったダイヤログが出ることがありますが、「はい」をクリックしてください
「Syslinux は Linux カーネルを起動させるためのブートローダのことで、作成する Linux ディストリビューションによって使う Syslinux のバージョンが異なるため Rufus で実装されているもの以外が必要になったときに出てくる(引用)」だそうなので、深く考える必要はありません

インストール前の注意

  1. (かなりレアケースだろうけど)私の場合 Windows が入ったいらない HDD をマシンに適当に差した状態でインストールするとブート EFI パーティション(/boot/efi)がいらない HDD の方に入ってしまい再インストールする羽目になったので、その場合は予め後述の USB 版 Ubuntu に入っている GParted で Windows のパーティションを全部消してから Ubuntu をインストールするようにすること
    • Ubuntu 本体は SSD に入っているがブートは HDD から行われているというキモい状態…
    • 設定でどうにかできたのかもしれないけど使ってない Windows なら消してしまってからインストールする方が無難だとおもいます
  2. 起動ドライブにしたい SSD とは別に HDD を色々繋げてる場合、起動ドライブを SATA0 に接続しないと認識の順番がずれてちょっと面倒なことになるので順番通り接続すること
    • Linux では C:\ ドライブ D:\ ドライブ のような概念がなく /dev/sda1 /dev/sdb1 … のようにマウントされるので、メインドライブを SATA0 にしておかないと順番がめちゃくちゃになるっぽい…?
    • マウントし直す事もできるだろうけど面倒そうなので最初から順番通りつけるのが早そう

USB 版 Ubuntu を起動する

USB を差した状態で BIOS を起動、起動デバイスの優先順位で USB を一番上にして変更を保存し、再起動すると USB 版の Ubuntu が立ち上がります(立ち上がらなかったら何かがおかしいです)。

Try Ubuntu と Install Ubuntu がありますが、一度 Try Ubuntu をクリックしてからの方がよさそう(なんとなく)
Try Ubuntu した後でもデスクトップにある「Ubuntu 20.04 LTS のインストール」というアイコンをクリックするとインストール作業を行えます。

Ubuntu をインストールする

(執筆中)

セットアップ

無事インストールできたので、セットアップを行います。
順序が謎だけどゆるして…(一部ダークモードになっているのは項目を書く順番が前後しているためです)
Ubuntu 20.04 LTS をインストールした後やること12選 をかなり参考にさせてもらっています(圧倒的感謝)

Google Chrome をインストールする

何かしら調べ物をするにはブラウザが欠かせません。
Ubuntu にはデフォルトで Firefox がインストールされていますが、私はいつも Chrome を使っているので、まずは Chrome をインストールします。
ただし、Chrome のもとである Chromium はオープンソースですが Chrome 自体はプロプライエタリのため、apt や Ubuntu Software からはインストールできません。よって、Windows のように普通にネットからダウンロードしてくることになります。

Chromium は何故か本家 Chrome よりも更新が遅いのとアイコンに違和感があるのでできれば避けたい(なければ Chromium でもいいけど)

Firefox で Google Chrome のサイトにアクセスし、ダウンロードボタンをクリックします。
Debian/Ubuntu 用の .deb パッケージが選択されているので、そのまま「同意してダウンロード」をクリックし、Chrome をダウンロードします。

.deb はパッケージファイルで、この中にインストーラーやソフトウェアの中身が入っています(macOS で言う .dmg 、Android で言う .apk に近いかも)

ダウンロードが終わったらダウンロードフォルダを開き、google-chrome-stable_current_amd64.deb を右クリック → [別のアプリケーションで開く] → [ソフトウェアのインストール] を選択します。
そのままダブルクリックで開いてしまうとアーカイブマネージャーが立ち上がってインストールできないためです(.deb パッケージは圧縮形式の形になっているらしくデフォルトではアーカイブマネージャーが関連付けされてしまっているらしい…)。

ソフトウェアのインストールを開くとこのような画面になるので、画面の指示にしたがってインストールします。
インストール時に自動で自動更新用の apt リポジトリが追加されるらしいので、アップデートの問題を心配する必要はなさそうです。

インストールできたら左下の「アプリケーションを表示する」から Chrome を起動できます(アイコンを右クリックで左のバーに追加できます)。
あとは Google アカウントにログインするなり適当に…

ディスプレイの拡大率を上げる

私は 1920×1200 のディスプレイに接続して作業をしていますが、そのままでは画面が小さく感じます。
Ubuntu 20.04 からちょうど今まで 100% か 200% しか選べなかったディスプレイの拡大率が 125%・150%・175% も選べるようになったので、今回は 125% に設定します。

設定アプリを開き、[ディスプレイ] → [任意倍率のスケーリング] をオンにします。
まだベータ版だからか、デフォルトではオフになっています。

オンにすると [サイズ調整] の項目に 125%・150%・175% が追加されるので、好きな倍率に設定しましょう。
右上の適用ボタンをクリックすると反映されます。

[任意倍率のスケーリング] 機能は Ubuntu 20.04 LTS で追加されたベータ版的なものらしく(一応正式版ではあるものの不安定らしい)、現時点では動きの大きい動画を再生すると描画が間に合わずに描画がズレる現象が起きることがあります(消費電力の増加・速度の低下・ディスプレイのシャープネスの喪失などが生じる可能性が… と書いてありますね)
私は 125% にできる恩恵の方が大きかったのでオンのままにしていますが、どうしても気になるようであれば 100% のほうがいいかもしれません
また、Mozc の設定も 125% だとフォントのみ大きくなってしまい文字が潰れてしまいます…
今後のアップデートでの描画品質の向上に期待します

ディスプレイの電源が自動でオフになるまでの時間を延長する

設定 → [電源] → [省電力] → [ブランクスクリーン] から変更できます。
デフォルトは [5分] になっていますが、短いので [15分] や [しない] に設定しておきます。

ブランクスクリーン後に自動でロックされるのを防ぐ

デフォルトではブランクスクリーンからの復帰後はロックされるようになっているので、オフに設定します。
設定 → [プライバシー] → [画面ロック] → [自動画面ロック] から変更できます。

日本語を入力できるようにする

Ubuntu のインストール時に日本語入力もインストールされるのですが、何故か最初は Mozc ではなく「日本語」とだけ書かれた IME が使われるようになっています。
右上のアイコンから [日本語 (Mozc)] を選択すればあとは普通に入力できます。

Mozc は Google 日本語入力のオープンソース版なので、Windows や Mac でつかっている人は違和感なく使えそうです

右クリックメニューから空のファイルを作成できるようにする

Windows だと右クリックから作成できる空のファイルですが、意外に GNOME ではデフォルトでは用意されていないようです。端末を開き、

touch ~/テンプレート/空のドキュメント

のように実行し、テンプレートフォルダの中に空のファイルを入れておきます。

こうすることで、右クリックメニューから空のファイルを作成できるようになります。

アイコンテーマ Paper を導入する

デフォルトの Yaru アイコンは悪くないのですが好みでもないので、アイコンテーマを Google Material Design 風の Paper icon theme に変えてみます。

Papar の公式サイト にアクセスし、アイコンテーマのパッケージをダウンロードします。
ダウンロードページにはリポジトリを追加して…と書いてありますが、Ubuntu 20.04 の環境ではサイト上にリポジトリが存在しないとかでエラーになってしまったので、Debian 向けの .deb パッケージを [Paper Icons] ボタンからダウンロードします。

ダウンロードが終わるとこのような警告が表示されることがありますが、続行します。

Ubuntu と Debian は同じ系統なので、強く OS に依存するソフト以外は共通のパッケージが使えるみたい

ダウンロードが終わったらダブルクリックで実行し(Chrome のインストール時に [ソフトウェアのインストール] から開いたので既定で選択されているはず)、Ubuntu Software が開くのでインストールします。

GNOME Tweaks をインストールする

先ほどアイコンテーマをインストールしましたが、それだけではアイコンテーマを変更することはできません。GNOME Tweaks(旧称:GNOME Tweak Tool)というツールをインストールする必要があります。
コマンドラインでもインストールできますが、折角なので Ubuntu Software からインストールしてみます。

Ubuntu Software の左上の検索アイコンに「Tweaks」と入力すると Tweaks が出てきます。

クリックすると詳細画面になる(アプリストアっぽい画面)ので、インストールボタンをクリックしてインストールします。
Ubuntu Software は apt パッケージマネージャーの GUI フロントエンドのようです。
apt だとソフトを探すのが面倒なので、その点は Ubuntu Software からの方が楽かもしれません。

GNOME Tweaks はユーティリティの中に含まれている(落とし穴)ので、そこから起動します。

GNOME Tweaks の設定

私がいじった設定だけ貼っておきます。

ウインドウ

  • モーダルダイヤログを親ウインドウに結びつける:オフ
    • いろいろめんどいので
  • 新しいウインドウを中央に表示する:オン
    • 毎回左上に表示されても困る

外観

  • アイコン:Paper に変更
    • ここでアイコンテーマを選択できます
    • デフォルトでいくつかほかにも入ってる

アイコンを変えるとこんな感じになります。
それなりに良さそうなのでしばらくこれで運用してみます。

GNOME Shell の部分は GNOME Shell の拡張機能、User Theme をインストールすると選択できるようになるみたいです(後述)。

拡張

GNOME Tweaks は GNOME をカスタマイズするためのツールですが、GNOME Shell(GNOME 本体)の拡張機能を追加することでさらにカスタマイズができるようになります。
デフォルトでインストールされているのは3つですが、下2つはダミーみたいなので実質 Desktop Icons だけです。

Desktop Icons ではデスクトップアイコンのサイズやホームフォルダ・ゴミ箱を表示するかどうか選択できます。
アイコンサイズは標準とかでもいいかも…?

GNOME をダークモードにする

Ubuntu 20.04 にはダークモード(暗いテーマ)が実装されているので、変更してみます。

設定 → [外観] より、暗いテーマを選択すると自動でウインドウの色が暗くなります。
VLC といった一部のアプリは白いままかもしれませんが、少なくともデフォルトでインストールされているアプリに関しては大丈夫そうです。

しかし、そのままではメニューなど一部白いままの箇所が出てきてしまいます。
これを直すためには、先ほどの GNOME Shell 拡張機能、User Themes をインストールする必要があるようです。

GNOME Shell 拡張機能をインストール

GNOME Shell 拡張機能はダウンロードしてインストールすることもできますが、現在はブラウザから GNOME Shell 拡張機能をインストールする方法が主流になっているようです。
今回は先ほどの User Themes と、上部のメニューバーから拡張機能をオンオフできるようにする Extensions(という名前の拡張機能・紛らわしい)をインストールします。

デフォルトでは Firefox のみの対応になっている(Chrome でもできるが他の端末と同期しているといらない拡張機能が増えてしまう)ので、Firefox を使ってインストールしていきます。

Firefox で GNOME Extensions のページを開きます。
「このサイトで GNOME Shell 拡張機能をコントロールするには…」と表示されるので、「ここをクリックしてブラウザー拡張機能をインストールしてください」から GNOME Shell 拡張機能を Ubuntu にインストールするための Firefox アドオンをインストールします(ややこしい)。

リンクをクリックするとポップアップが出るので、[インストールを続行] します。

許可を求められるので [追加] をクリックするとアドオンを追加できます。
これで GNOME Shell 拡張機能をブラウザからインストールできる状態になりました(このあたりを理解するのにちょっと戸惑った)。

User Themes をクリックすると OFF と書かれたスイッチがあるので、これをクリックして ON にします。

ダイヤログが表示されるので、[インストール] をクリックすると拡張機能のインストール・有効化は完了です。
同様の手順で Extensions 拡張機能もインストールしてみましょう。

再び Tweaks を開き、[拡張機能] タブに User Themes と Extensions が追加されていれば OK です。

GNOME を完全にダークモード化する

設定から暗いテーマを選択しただけでは、メニューやカレンダーなど一部の項目が白いままになってしまいます。
先ほど User Themes 拡張機能をインストールしたことで GNOME を完全にダークモードにすることができるようになりました。設定してみます。

Tweaks → [外観] を開くと、今まで選択できなかった GNOME Shell の項目が選べるようになっています。
GNOME Shell を [デフォルト] から [Yaru-dark] に変更すると、GNOME が完全にダークモード化されます。

アップロードアイコンがあるように、テーマは自作したり配布されているものをインポートすることもできるみたいです
配布されているものをいろいろ試してみてもいいと思います

右上のメニューやカレンダーも暗いテーマになっています。

ちなみに、先ほどいれた Extensions 拡張機能はトップバーの @ アイコンをクリックすると拡張機能のオンオフができるようにするための拡張機能です(今の所使いみちがわかりませんが一応)。

また、「拡張機能」というアプリもあり、こちらはデフォルトでインストールされているようです。
機能は Tweaks の [拡張機能] タブと代わりありませんが、Tweaks とは異なりテーマを変えるといった機能はありません。

時計の : の幅が太い問題を改善する

Ubuntu 20.04 LTS では、時計の : の幅が何故か太くなってしまっています。
その他にも日本語文字の下部分が切れるなど、いくつか日本語表示に関する問題があるようです。
これらの不具合は Ubuntu 20.10 で改善予定だそうですが、こちらのサイト で公開されているフォントをインストールすることで正常に表示されるようになります。

https://bugs.launchpad.net/ubuntu-jp-improvement/+bug/1864297 にて Issue が立てられています
わざわざ開発の方に掛け合って修正が Merge されたようでありがたい限りです(コロンに対する情熱に感動した)

fonts-nt0ui-jp_1_1all.deb をダウンロードし、Chrome の時と同様にダブルクリックでソフトウェアのインストールを開きます。

インストール後、時計の : が半角 になっていることが確認できれば OK です。
うまく行かない場合は再起動してみましょう。

Ubuntu Japanese Team のリポジトリを追加する

Ubuntu では Windows 環境で作成した(おそらく Shift-JIS の)Zip ファイルが文字化けして正常に解凍できないなどの日本語に関連する不具合があるようです。
不具合を修正したパッケージを Ubuntu Japanese Team の方たちがリリースしてくれているので、インストールしましょう。

公式サイト 曰く、「他の言語環境に悪い影響を与えてしまう変更が必要であるなどの理由で、現段階ではオリジナルのUbuntuに含めることが難しい修正が必要な場合もあります。 そこでJapanese Teamでは、現在のところUbuntuに追加できていない修正を加えたパッケージ、および日本語環境に必要とされるパッケージを収録したRemixイメージを作成・配布しています」とのこと
本来は最初から日本人向けの Remix イメージをインストールするのが手っ取り早いのですが、今のところ Ubuntu 20.04 LTS の Remix イメージはリリースされていないので、敢えて Ubuntu 本体から配布されているイメージを利用しました
Remix イメージに追加されているパッケージは単体でも配布されているので、Ubuntu Japanese Team のリポジトリを追加して ubuntu-defaults-ja パッケージをインストールすれば Remix イメージと同等の Ubuntu になります
wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja-archive-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add - 
wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-jp-ppa-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add - 
sudo wget https://www.ubuntulinux.jp/sources.list.d/focal.list -O /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.list 
sudo apt update -y && sudo apt dist-upgrade -y 
sudo apt install ubuntu-defaults-ja 

端末を開き、上記のコマンドを順々に入力・実行します。
これらのコマンドを実行することで Ubuntu Japanese Team のリポジトリが追加され、日本語環境用のパッケージが依存関係も含めてインストールされます。

apt-key コマンドは、標準で登録されているリポジトリ以外からパッケージをインストールしたい場合に必要な鍵情報を登録するためのコマンドです(正しいファイルかどうか、改ざんされていないかを確認するためのものらしい・これを登録しないとデフォルトではインストールできないようになっている)。
今回はネットからダウンロードしてきた GPG 鍵を wget コマンドでダウンロードし、結果を標準出力に流してパイプで後ろの apt-key コマンドで受け取っています
Ubuntu の場合は ppa というコミュニティリポジトリみたいな仕組みもあり、こちらは add-apt-repository という別のコマンドで追加できるようです(よく理解できていない)

(執筆中)

ソフトのインストール

私がインストールしたソフトを載せておきます(インストール方法は簡単なので割愛)

GIMP

言わずとしれたクロスプラットフォームの画像編集ソフトです(もともと Linux がメイン)。
起動も Windows 版と比べて圧倒的に早いです。

Visual Studio Code (VS Code)

高機能エディタ(説明不要)
Electron 製なのでクロスプラットフォームなのがいいですねー

VLC Media Player

クロスプラットフォームの多機能な動画プレイヤーです(GNOME 付属の動画プレイヤーもあります)。
動画コーデックを一緒にインストールするからか、インストールが終わるまでに時間がかかります。
初回起動も微妙に時間がかかりますが、気長に待ちましょう。

(執筆中)

コメント